ラーメンのバイブル◇フランチャイズのページ

ラーメンのバイブル◇フランチャイズ

   

  フランチャイズ

    
 
  フランチャイズとは

 
一方が自己の商号・商標などを使用する権利、

 自己の開発した商品(サービスを含む)を

 提供する権利、 営業上のノウハウなど

 (これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶを

 提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で

 営業を行わせ、 他方が、これに対して

 対価(ロイヤルティー)を

 支払うことを約束するによって

 成り立つ事業契約である。

                    (写真、有田焼 赤絵)
有田焼、赤絵
有田焼染付けとお刺身
 
   フランチャイズ
 


 外部資本の利用で、短期間に多くのチェーンストア店舗の展開を進め
 目的で行われるため、フランチャイズチェーン (FC) と呼ばれることが多い。

 法的には中小小売商業振興法などにより規制される。
  適用される業態としてはコンビニエンスストアなどの小売業のほか、
 ラーメンやファストフードなどの外食産業、不動産販売、
 自動車の整備などのサービス業に至るまで、多岐にわたっている。

 日本では、1960年代に不二家(レストランおよび 洋菓子販売の
チェーンストア)や ダスキン(清掃用具のレンタルチェーンストア)
 などがフランチャイズ型の事業展開を行い成功している。

 同じ名前の店舗であっても全てがフランチャイズとは限らない。

 直営店で実績を積み成功している店舗を模範にフランチャイズ展開
 するのが普通なので、同じ名前の店舗で外見上は分からないが
 直営店とフランチャイズ店が存在する。

 もちろんフランチャイズ展開すると店舗数が急激に拡大するので、
 その比率は圧倒的にFC店が高くなる。

 直営店に関しては本部側のリスクが高いので
 当然厳しい経営管理を行うので消費者には比較的質の高いものが
 提供されるが、 本部にとってリスクのほとんどないFC店舗は
 そのオーナーの質により 消費者へのサービスが大きく左右される。 

  
   利点

  権利・ノウハウを提供する側(フランチャイザー)にとっては、
 低いコストでの事業拡大が可能であることが挙げられる。そのため、
 新事業を急速に拡大しブランドを確立できる方法として、
 あらゆる業種で採用されている。

 またリスクが少なく安定的なロイヤルティーの収入が見込める利点がある。

 提供を受ける側(フランチャイジー)にとっては、

 開業から実務にいたるビジネスのノウハウを

 比較的短期間かつ容易に身につけられ、フランチャイザーのブランド力
 マーケティング力によって、初期段階から
 安定した経営が期待できるという利点がある。



★メニュー

トップ
ラーメンの誕生
ご当地ラーメン

ラーメンの作り方

中華麺
 ★かん水
 ★製麺機
 麺類の茹で方

ラーメンのスープ
 ★陸奥湾のいわし物語
 ★
鰹節
 ★とんこつ
 ★鶏がら
 ★タレ
 ★醤油

チャーシュー
メンマ

冷やし中華のタレ
餃子
ラーメン茹で麺機
ラーメン店で働く機械


インスタントラーメン
カップ麺

そばと天ぷら 
うどん

お酒
グルメたち
私のプロフィール

フランチャイズ

☆リンクメニュー
トップ
ラーメン 1
ラーメン 2

ラーメン 3
蕎麦、うどん1
蕎麦 うどん2
☆美味い物リンク集
リンク集 1
リンク集 2
リンク集 3
リンク集 4
リンク集 5
リンク集 6
☆その他のリンク1

その他のリンク2
☆その他のリンク3
☆その他のリンク4
自動相互リンク 1
☆自動相互リンク 2
☆自動相互リンク 3

   
   
欠点

  フランチャイザーにとっては、フランチャイジーの質にばらつきがあることで、
 計画通りの商品提供がなされず、自己のブランドイメージが傷付けられるといったリスクがある。

 フランチャイジーは個人がその資金の全てを負担する事業者であるため、
 経営に問題がある場合でも本部から経営者の交代や強力な改善などができない。

  フランチャイジーにとっては、本部によるマーケティング、立地条件、本部の経営に問題があっても、
 そのリスクは全てフランチャイジー側が負うことになる。

 契約内容にも拠るが、原則として赤字状態であってもロイヤルティーは払い続けなければいけない。

 また、フランチャイズという形態を採る以上、流通や事業展開において少なからず制約があるため、
 オーナーのオリジナリティを発揮することは難しい。

  開業に必要な資金も、加盟料などの分、
 独自に起業する場合よりも多く必要になる場合がほとんどである。

  
 問題点

  フランチャイズは急速に事業を拡大できる手法でありながら、
 多くの場合あくまでも看板を貸した個人経営であるため、その質の維持が難しい。

 フランチャイザー側はそのリスクを知った上での事業拡大であり、
 その資金負担は全て個人経営者が負うため経営リスクは非常に小さい。そのため、
 本部は事業拡大を急ぐあまり、慎重なマーケティングや充分な加盟希望者へのリスク説明をせずに
 安易に個人を勧誘する側面もあり、業界の専門知識や経験のない個人が
、開業や事業経営におけるリスクをほとんど理解しないまま契約する場合がある。

 経営がうまくいかずに大きな負債を抱え廃業するケースも少なからず出てきている。
 多くのフランチャイザー側の勧誘方針として「経営の安定性」や「高収入」を前面に出している

 こともあって誤解されがちだが、フランチャイズと言えども、
 それに加盟し事業を継続することは、起業そして経営であり、
 それに伴うリスクは当然存在するのである。

  
 情報の格差による問題

  通常、フランチャイザーは事業について専門的な知識を有しているのに対して、
 フランチャイジーが事業に関する十分な知識を有していることは少ない。

 このことから、通常の消費者契約と同種の問題を生じることがある。

 十分な説明を受けないまま、フランチャイザーの言うがままに
 フランチャイジーとなってしまうことがあるのである。

 裁判で争われたものとしては、「フランチャイザーは事業成功の見込みが乏しいと分かっていながら
 そのことを告げずにフランチャイズ契約を締結したため、
 フランチャイジーが見込んでいた収益が得られなかった」として損害賠償を求めるというケースが多い。

  しかしながら、開業後、フランチャイザーが事前に予測した範囲内の売り上げを
 継続しているにも関わらず、 「思ったよりも儲からない」「諸経費を引けば赤字である」と不満を訴え、
 その末に損害賠償を求める訴訟に発展した事例もある。

 これは、前項にも記すとおり、開業及び事業経営に伴うリスクを認識しないばかりか、
 「確実に利益が出る」と誤解したまま契約に至ることが原因と思われる。

  
 安易なフランチャイズ展開

  店舗経営やフランチャイズ展開について充分なノウハウを持たないにも関わらず、
 フランチャイジーを募集し、加盟金を支払わせるフランチャイザーの存在が問題となっている。

 その中には、成功の見込みがほとんどないことを認識していながら、
 積極的にフランチャイジーを募集する詐欺紛いのフランチャイザーもあったことが 裁判で明らかになった。


                                   
 フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia引用

ラーメンのバイブル◇フランチャイズのページ
 トップページへ