お酒,日本酒,ビール,ウィスキー、ショーチュー、水割りのページ

ショーチュー、水割り、お酒,日本酒,ビール,ウィスキー、

  
  

お酒,日本酒,ビール,ウィスキー、ショーチュー


 広義には、日本酒ビールウイスキーなどの
 「アルコール飲料」全般を指す。
 狭義には、上記「アルコール飲料」の中の「日本酒」を指す。
 アルコール飲料(-飲料)とは酒精、
 すなわちエチルアルコール(エタノール)が含まれた
 飲料である。
 「酒類」や単に「(お)酒」(広義)、
 またソフトドリンクに対してハードドリンクとも呼ばれる。
 アルコール飲料(-飲料)とは酒精、
 すなわちエチルアルコール(エタノール)が含まれた飲料である。
 「酒類」や単に「(お)酒」(広義)、またソフトドリンクに対して
 ハードドリンクとも呼ばれる。
有田焼、ほたる

 日本酒税法では、アルコール分を1%以上含む飲料と定義され、
 酒税の課税対象となっている。そのため、
 本来江戸時代にはアルコール飲料であったみりん(本みりん)は、
 アルコールを10%以上含むため、調味料として使用される場合でも
 課税対象となる。

 製造方法や原料等は多種多様だが、原材料から発酵によって
 エチルアルコールを生成することで共通している。

 アルコール飲料の製造および販売は、
 日本を含む多くのにおいて、 法律(日本では酒税法や未成年者飲酒禁止法
 により制限されて 酒は大きく分けて醸造酒蒸留酒混成酒に分かれる。

 醸造酒は単発酵酒と複発酵酒に分けられ
 複発酵酒は単行複発酵酒と並行複発酵酒に分けられる。

 ただし、テキーララムアクアヴィットなどでは
 ホワイトスピリッツと ブラウンスピリッツの両方の製品があり、
 分類としては本質的なものではない。

 [編集] 酒の原料

糖分、もしくは糖分に転化されうるデンプン分があるものは、
酒の原料になりうる脂肪分やタンパク質分が多いものはあまり向かない。

 ブドウリンゴサクランボヤシの実などの
 果実トウモロコシなどの穀物

 ジャガイモサツマイモなどの根菜類

 その他サトウキビなどが代表的な原料である。

 また酒造の副産物として得られる酒粕・ブドウの絞りかすなどから、

 二次的に酒を造り出すこともある。

 クリ
などの賢果類、樹液を原料とした酒もある。

 原料によって酒の種類がある程度決まる。

★メニュー

トップ
ラーメンの誕生
ご当地ラーメン

ラーメンの作り方

中華麺
 ★かん水
 ★製麺機
 麺類の茹で方 


ラーメンのスープ
 ★陸奥湾のいわし物語
 ★
鰹節
 ★とんこつ
 ★鶏がら
 ★タレ
 ★醤油

チャーシュー
メンマ

冷やし中華のタレ
餃子
ラーメン茹で麺機
ラーメン店で働く機械


インスタントラーメン
カップ麺

そばと天ぷら 
うどん

お酒
グルメたち
私のプロフィール

フランチャイズ

☆リンクメニュー
トップ
ラーメン 1
ラーメン 2
ラーメン 3
蕎麦、うどん1
蕎麦 うどん2
☆美味い物リンク集
リンク集 1
リンク集 2
リンク集 3
リンク集 4
リンク集 5
リンク集 6
☆その他のリンク1

その他のリンク2
☆その他のリンク3
☆その他のリンク4
自動相互リンク 1
☆自動相互リンク 2
☆自動相互リンク 3


[
編集] 酒の原料

糖分、もしくは糖分に転化されうるデンプン分があるものは、酒の原料になりうる
脂肪分やタンパク質分が多いものはあまり向かない。

ブドウリンゴサクランボヤシの実などの果実トウモロコシなどの穀物
ジャガイモサツマイモなどの根菜類。その他サトウキビなどが代表的な原料である。
また酒造の副産物として得られる酒粕・ブドウの絞りかすなどから、
二次的に酒を造り出すこともある。クリなどの賢果類、樹液を原料とした酒もある。

原料によって酒の種類がある程度決まる。

>大麦 その他

しかし、ジンウオツカ焼酎などには、穀物や芋類など異なった原料のものがあり、
必ずしも原料によって酒の種類が決まるわけではない。また、
原産地によって名称が制限される場合がある。
たとえばテキーラは産地が限定されていて、
他の地域で作ったものはテキーラと呼ぶことができずメスカルと呼ばれる。

[編集] 酒の歴史

[編集] 古代

酒の歴史は非常に古く、有史文字の歴史)以前から作られる。

人類が最初に造った酒は蜂蜜酒だという説がある。で薄めた蜂蜜は、
自然酵母の働きで酒になるからである。また、サルの洞に果物を集めると、
その果汁が発酵してサル酒になるという伝説があるが、
これは疑わしい。いずれにしても検証されていない。

2004年12月中国紀元前7000年ごろの賈湖遺跡(かこいせき)から出土した陶器片を
分析したところ、・果実・蜂蜜などで作った醸造酒の成分が検出されたという報告があった。
いまのところこれが考古学的には最古の酒である。

オリエント世界では、紀元前5400年頃のイラン北部
ザグロス山脈のハッジ・フィルズ・テペ(Hajji Firuz Tepe)遺跡から出土したの中に、
ワインの残滓が確認された。また紀元前3000年代には、
シュメール
粘土板にビールのことが記録されている。
シュメールの後を継いだバビロニアで、
最古の成文法であるハンムラビ法典の中にビール売りに関する規定が記されている(第108条〜第110条)。

エジプトでは紀元前2700年頃までにはワインが飲まれていた。
ツタンカーメン王
の副葬品の壺からはワインが検出されている。またビールも広く飲まれていた。
ピラミッド工事の労働者たちにはビールが支給されていたらしい。
オリエント世界ではブドウの育つ場所が限られるので、ワインは高級な飲み物であり、
ビールはより庶民的な飲み物だったらしい。

中国においてのころ、酒は国家の重要事である祝祭において重要な意味を持っていた。
非常に手の込んだ器である殷代青銅器のうち、多くのものは酒器である。
しかし殷の紂王は酒に耽り、酒池肉林の宴を行ってを滅ぼした。

論語』には、「郷人で酒を飲む(たちで酒を飲む)」などの記述があり、
紀元前5世紀頃には一般的な飲み物になっていたらしい。

ギリシアローマは、ブドウの産地ということもあり、ワインが多く生産された。
それらはアンフォラと呼ばれる壺に入れられて、地中海世界で広く交易されていたらしい。
酒のディオニソス(ギリシアではバッカス)が信仰され、酒神を讃える祭りが行われた。

古代バビロニア時代に、香水を作るための蒸留技術があったという説があるが、
蒸留の技術は、3世紀頃のアレクサンドリアの錬金術師たちには既に知られていたと推測される。

ローマ帝国は、イギリスをはじめヨーロッパの各地を支配下に収め、
その過程でワイン生産の技術を伝えた。
フランス
ボルドーブルゴーニュなどではそのころからワインの製造が始まっている。
なお、イギリスは気候の低温化によりブドウ栽培できなくなりワイン生産は廃れた。

[編集] 中世

10世紀以前には蒸留酒が発明されていた。それは錬金術師が偶然に作り出したものだといわれる。

1171年ヘンリー2世軍隊アイルランド侵攻した。
その時の記録によると、住民は「アスキボー」という蒸留酒を飲んでいたという。
これが「ウイスキー」の語源となる。

[編集] 人体への影響

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、
専門の医療機関に相談してください。免責事項もお読みください。

アルコール飲料(エタノール)を摂取すると人間は酔う。 酔いには、エタノールによる脳の麻痺と、
体内でのエタノール分解の過程で生じるアセトアルデヒドの毒性による酔いとの、二種類がある。

以下に、エタノールによる脳の麻痺による酔いを説明する。

アルコールによる酔いは、エタノールの血中濃度に比例する。
しかし同じ量を同じペースで飲んでも、酔う程度は人により異なる。
これは同じ量のエタノールを摂取しても、エタノールの血中濃度は各人が持っている
体液の量(体液の量が多いと同じ量のエタノールを摂取しても血中濃度は低くなる)
により変わってくること、および、アルコール脱水素酵素の活性度には
アセトアルデヒド脱水素酵素アルデヒド脱水素酵素)と同じように3種類の遺伝子多型があり、
エタノールの分解速度が異なるためである。

アルコール脱水素酵素の活性度は酵素誘導により増減する酵素の絶対量のほかにも、
遺伝による酵素タイプの違い(体質)よって変わる。

そもそもエタノールによる「酔い」の本態は、中枢神経系の抑制が原因である。
中枢抑制作用を持つ麻酔とは異なり、エタノールの場合、
早期には(低レベルの血中濃度では)抑制系神経に対して神経抑制効果が掛かるために
結果として興奮が助長される(アルコール作用の発揚期)。
血中濃度が上昇するにつれて、運動器意識を司る神経系にも抑制が掛かり、
運動
の反射時間の延長や刺激への無反応を生じる(アルコール作用の酩酊期)。
さらに血中濃度が上昇すると脳幹まで抑制するので、瞳孔拡大や呼吸停止を引き起こし死に至る。

短時間に代謝量を上回るエタノールを摂取すると、代謝が追いつかず急激に血中濃度が上昇し、
発揚期・酩酊期を経ずにいきなり中枢神経系を抑制してしまうことで最悪の場合
に至る(急性アルコール中毒)。

エタノールの血中濃度と酔いの態様
血中アルコール濃度 影響
0.05% 陽気、気分の発揚
0.08% 運動の協調性の低下、反射の遅れ
0.10% 運動の協調性の明らかな障害(まっすぐに歩けない等)
0.20% 錯乱、記憶力の低下、重い運動機能障害(立つことができない等)
0.30% 意識の喪失
0.40% 昏睡

上記の酔いは、エタノールが体内でアセトアルデヒドに分解されるまでに、
エタノールの脳への作用で生じる酔いであり、
一般的に言われているお酒に強い体質・弱い体質(アセトアルデヒド脱水素酵素の
活性度合いの差による体質)とは関係がない。

なお、長期間にわたり一定以上のアルコールの摂取を続けると、
アルコール性肝炎を併発することがある。
また、糖質を素にしたアルコールにも当然カロリーがあるので、
酒の肴やつまみなどの食品を摂ることでカロリーの摂り過ぎとなり、脂肪肝を招くことがある。
そして飲酒は急性膵炎の主原因の一つもである。
また精神疾患であるアルコール依存症(慢性アルコール中毒)になる危険性がある。
アルコール依存症患者は偏食となることが多く、栄養失調による障害も併発することが多い。
また栄養障害も長期間にわたるエタノールの直接作用によっても
末梢神経
は恒久的なダメージを受け、痺れなどの感覚異常を引き起こす。

[編集] 吸収代謝

胃腸から容易に吸収され、で吸収されたエタノールは、
体内ではアルコールを貯蔵する仕組みが無いので、
肝臓の代謝量以内であれば)その90%以上は速やかに肝臓で代謝される
(もちろん肝臓の代謝量を超えた分は血中エタノール濃度を上昇させる)。
エタノールを初めとしてアルコールの代謝には、大きく2つの酵素が関係している。
アルコールデヒドロゲナーゼ(アルコール脱水素酵素)
アルデヒドデヒドロゲナーゼアルデヒド脱水素酵素)がある。
いずれの酵素も基質特異性が低く、エタノール以外のアルコールも酸化し、
水素はNADPに供与されNADPHを生成する。

まず、アルコールデヒドロゲナーゼによってエタノールはアセトアルデヒドに酸化される。
ついでアルデヒドデヒドロゲナーゼによって、酢酸に酸化される。酢酸はATPを消費して
Acetyl CoA synthetaseによりAcetyl CoAとなる。

通常Acetyl CoAはTCA回路に供給され、oxaloacetic acidと共にクエン酸に転化され、
CO2とH2Oに分解されるのである。がしかし、前述のアルコールデヒドロゲナーゼと
アルデヒドデヒドロゲナーゼとが大量に生成したNADPHによって
肝臓ミトコンドリアTCA回路の活性は低下する
(TCAサイクル自身もNADPからNADPHを生産するのでNADPが枯渇すると回転できなくなる)。
その結果、グリセリン合成と(NADPHを消費する)脂肪酸合成が亢進する。
言い換えると、大量の飲酒は中性脂肪に転化される。

代謝の中間に発生するアセトアルデヒドは分子中に持つ
アルデヒド基タンパク質の側鎖などのアミノ基と強い反応性を有するため、エタノール以上に
毒性が高く、頭痛や悪心などを引き起こし、いわゆる二日酔い・悪酔い状態の原因となる。
ちなみに「二日酔いに迎え酒が良い」といわれるのは、
追加されたエタノールが頭部の血管を拡張させたり、
酩酊期のアルコールが痛覚を麻痺させることにより緩和されているのであり、
アセトアルデヒドを解毒しているわけではないので治療的な意味はない。
またアセトアルデヒドは発癌性が疑われるとされている。

アルコール代謝を考える上では2つの酵素のうち2番目のアルデヒドデヒドロゲナーゼは
モンゴロイドは代謝能力の弱いタイプの方を遺伝形質として持つものが多く、おおむね酒に弱い。
(一方、コーカソイド系は強いタイプを遺伝形質に持つものが多い)。
遺伝的にこの酵素の活性が低い人はまた、あるいは殆ど酵素誘導されていない人は酒を飲んでも、
アセトアルデヒドの血中濃度が急激に上昇し、愉快になるどころか、
飲んだ直後に頭痛、吐き気に襲われる。

日本人には、同酵素の活性が低いか、欠落している人が全体の45%程度いる。
また、10人に1人は体質的にまったくアルコールを受け付けない。習慣的に飲酒するようになると、
酵素誘導でそれなりの量のアルデヒドデヒドロゲナーゼが生成するので
「飲めば強くなる」傾向はあるが程度の問題である。

また、恒常的な飲酒により、薬物代謝酵素CYP(P-450)が多量に誘導されると、
CYP酵素がエタノールを分解するようになる。
CYPは(アセトアルデヒドを含めて)エタノールを二酸化炭素へ直接分解するため、
多少の量のアルコールでは全く酔わなく(むしろ酔えなく)なる。この状態になると、
麻酔を含め殆ど全ての種類の薬物に関してCYPが作用するために、
薬物が非常に効きにくい体質が形成される。
CYPが誘導されるころにはアルコール要求量が急速に増大し「酒に強くなったと錯覚する」、
しかし飲酒量の増大に伴い生活は、いわゆる「アル中」状態となり、
健康も急速に悪化する。すなわち、健全な社会生活の維持が困難になったり、
極度の栄養失調、アルコール依存症あるいはアルコール性神経炎などを併発するようになる。

[編集] 毒性

"アルコールは合法的な向精神薬である"といわれる向きもあるが、
その実は非選択的な神経抑制剤である。
いわゆる麻薬というよりは麻酔薬に近い(もちろん昏睡と死の間の血中濃度が
2倍程度しか開いていないので、危なすぎて麻酔薬としては使えない)。

急性期の毒性について考えると、アルコールは中枢神経を麻痺させる性質があるので、
多量の摂取によって中枢神経が完全に麻痺すると呼吸心臓が停止し死に至る。
睡眠薬の飲みすぎで死亡するのと作用は同じである。
ほろ酔いが血中アルコール濃度0.05〜0.1%、致死量が血中アルコール濃度0.4%以上といわれている。
つまり作用量と致死量が1:4程度になる。作用量と致死量がこのように近接している
"いわゆる向精神薬"はアルコールのほかに例が無く、
ほんの少し飲みすぎただけで死亡する危険性をはらんでいる。

厚生労働省の研究班が飲酒と自殺の関係について男性4万人を対象とした調査によると、
(1)週1回以上飲酒し1日当たりの飲酒量が日本酒3合(アルコール59グラム。
ビールなら大瓶3本、ウイスキーならダブル3杯)以上の男性、(2)全く飲まない男性は、
ともに月に1回から3回飲酒する男性に比べて自殺の危険性が2.3倍高まるということを
2006年3月1日に発表した。
この発表では、過去に飲酒していたがやめたという群については、
自殺の危険性が6.7倍と高い数値を示している。

また、中枢神経の麻痺により理性が利かなくなるので、
一度飲みだすと適量でやめるという自制心が働かなくなる。飲みすぎにより、
過度に暴力的になったり、場合によっては平気で犯罪行為を行ってしまう危険性もある。
この点については多くの依存性薬物と同様である。

急性期の毒性は急性アルコール中毒の項に詳しい。

慢性期の毒性は、おもに肝臓と神経系(特に)に対する障害である。
アルコール性肝臓疾患(と酒しか口にしなくなることによる栄養失調)により、
身体の栄養状態は極端に悪くなる。栄養失調もまた神経系に障害を与える。
慢性アルコール中毒は精神的依存と身体的依存の双方を示すので身体だけでなく
精神あるいは環境面でのケアも必要となる。

慢性期の毒性はアルコール依存症の項に詳しい。

[編集] 文化

精神心理状態を変化させることなどもあって、飲酒は様々な文化と関わってきた。
元来はアルコール飲料のもたらす精神変容は宗教体験や呪術と結び付けられ、
非日常の宗教儀式用に摂取されるものとされていたと考えられる。
今日でも様々な文化において様々な伝統宗教や祭祀習慣に酒類が欠かせないものとなっているし、
飲酒にまつわる儀礼にはそうした宗教・祭祀慣習とのかかわりが深い。

その一方で、原材料となる穀物果実の生産力の増大に伴い、
酒類は儀式・儀礼以外のときにも飲用される一種の日常化が起きた。
アルコールによる精神変容も日常生活で体験されるようになり、酔っ払いの奇行は、
喜劇などにおいても良く用いられるモチーフとなった。

「ヤケ酒」(自暴自棄な気持ちで飲酒すること)、「飲み会」(飲酒を中心とする会合)、
など飲酒にまつわる習慣を表す語彙も多くあり、また、映画テレビ番組などフィクションにも
飲酒の様々な場面が登場する。また、睡眠を促すための飲酒は「ナイトキャップ」と言う。

もちろん酒類が日常化し、晩酌(夕食時に(しばしば日常的に)飲酒すること)する人や
酒飲み(日常的に飲酒をする人)が存在する今日においても、
酒類の儀礼性、宗教性は濃密に残っており、「おとそ」のように特定の祝い事と結びついた
アルコール飲料があり、また非日常的飲酒を行うためのバーパブ居酒屋スナックのような
飲食店も存在している。

[編集] 利用法

[編集] 料理

様々な料理に風味付け、臭み消し等の用途で広範に利用されている。

[編集] 宗教

多くの宗教では、アルコール飲料を特別なものとして扱っている。

  • 神道では、お神酒(おみき)はへの捧げものであると同時に、
  • 身を清め神との一体感を高めるための飲み物とされる。
  • カトリックなど大多数のキリスト教会派ではミサや礼拝の際に執り行われる聖餐式で、
  • 赤ワイン(葡萄酒)がイエスの血の象徴とされる。
  • 仏教やキリスト教プロテスタントでは、飲酒は避けるべき悪徳であるとされる
  • (日本の仏教界では酒を般若湯と称して飲酒を禁じない宗派が多く、
  • 浄土真宗においては無戒であるため最初から許可されている)。
  • イスラム教では、飲酒の効用は認めつつも酒癖や健康上などの弊害が多いことを理由に
  • 飲酒を避けることを強く推奨していることに加え酒に酔って神にお祈りすることを
  • 禁じているため一日に5回もの頻繁なお祈りが義務付けられたムスリムには
  • 酔っている時間がなく、実質上、飲酒はできないことになっている。
  • しかしながら、戒律の弱い宗派では教義解釈により泥酔しない程度の軽い
  • 飲酒(ビール程度)であれば認めるところもある。
                                                (以上フリー百科事典ウィキぺディア引用)

お酒,日本酒,ビール,ウィスキー、ショーチュー、水割りのページ   
トップページ